ガジェット関連

300日間wena wristを使い続けてわかったこと

投稿日:2017年3月26日 更新日:

今回は「wena wrist」をおよそ1年使い続けてみて良かった点、悪かった点、その他感じたことを書かせていただいたいと思います。

 

スポンサーリンク

そもそもwena wristって何?

ソニーの新規事業開拓プラットフォーム”FirstFight”プロジェクトの一つとしてクラウドファンディングで目標金額を大きく上回る形で成功を納め、めでたく2016年6月30日に一般販売を開始したスマートウォッチです。Apple WatchやAndroid wearと大きく異なるのは、時計そのものはアナログであり、Smart Watch機能は全てベルト部分に格納されているという点です。なので、見た目はほぼ普通の時計なんですね。その他、細かい仕様については、数々の方が紹介されている記事がネット上に沢山上がっているため割愛させていただきます。

 

およそ300日を共にした私のwena wrist

wena wrist クロノグラフ プレミアムブラックモデルです。

発売当時、最上位モデルで価格も通常モデルの倍程でしたが、ビジネス使いも普段使いもできるだろうという目論みで、かなり奮発しました(笑)今でも愛着がありどこへ行くにも身につけております。

 

スポンサーリンク

wena wristを購入してよかった点

  1. 電子マネー決済(Edy)が使えるので財布が不要になった。
  2. バッテリーの持ちが良い。
  3. その腕につけてるの何?(笑)と言われることが無くなった。
  4. 電話着信の通知が便利!

詳しい内容については、以下に一つずつ解説します。

 

電子マネー決済(Edy)が使えるので財布が不要になった。

そもそもwena wristの一番の売りが電子マネー決済ができる点です。コレができるから購入することを決めたのもあり、やっぱり購入は正解だったなぁと思います。2017年3月現在では、Apple Watch series2がSuica対応していますので、唯一無二の機能とは言えませんが、私の生活を大きく変えてくれた大事な機能です。ほとんどコンビニ等で済ませる生活をしているので、wena wristを購入してからは、wenaとクレカの二刀流で、現金を使用する頻度が劇的に減り、結果財布を持ち歩くことが無くなりました。

 

 

また、EdyのポイントはANAのマイルに交換するように設定しているので、およそ1年程で2万マイルの収入になりました。(Edy決済以外にもフライトマイルもありますが)

 

バッテリーの持ちが良い。

wena wristを購入する前はLGのUrbaneというAndroid wearを使用していたのですが、バッテリーはMAX状態で丸1日使用できるレベルで、1日でも充電を忘れると次の日は途中で使えなくなるということが頻繁に起こっていました。そんなことが続いていると次第に身につけることもなくなっていき、最終的には1年も使わずに売り払ってしまいました。

wena wristの方はというと、余計なディスプレイ表示が無い分、消費電力も少なく、通知を頻繁に受信しないモードに設定して利用する場合であれば、軽く1週間は充電無しで使用することができます。たとえ充電が切れたとしても時計としての機能は果たせるのでなんら問題ない点も良いですね。

充電するときは専用のクリップでバンド部分を挟むだけなので簡単です。

 

その腕につけてるの何?(笑)と言われることが無くなった。

営業職という仕事柄、色々な方とお会いする機会があるのですが、Android wearを身につけているときは結構な頻度で「それ何?」とか「アイウォッチってやつ?」とか言われることがありましたが、wena wristにしてからは言われることは殆どなくなりました。一度だけ私と同じガジェット好きの方から「あ、それsonyのedy使えるやつでしょ?見せて〜!」言われたことがあるくらいで殆ど違和感がないようです。最近のAndroid wear事情はあまり詳しくありませんが、私が購入した当時のAndroid wearって、正直言うと、時計の形をしている何か大きいものを身につけているという感覚があって少し恥ずかしかったんですよね。

 

電話着信の通知が便利!

電話が着信した時にバイブレーションで知らせてくれる機能は大変重宝してます。移動中はAirPodsで音楽を聴きながらなので、腕が振動したらAir Podsをダブルタップして電話に応答するという完全ハンズフリーを実現しています。周りの人からは「こいつ突然喋りだしたぞ・・・近寄らないでおこう」と思われているかもしれませんが、この便利さ背に腹は代えられません(笑)

 

 

wena wristを購入して残念に思った点

  1. 汚れ、傷が目立ちやすい。
  2. 専用アプリが使いにくい。
  3. アプリの通知が煩わしいときがある。
  4. 電子決済のときにやりにくい。

詳しい内容については、以下に一つずつ解説します。

汚れ、傷が目立ちやすい。

 

プレミアムブラックモデルは、傷が目立ちにくい加工をしているということだったのですが、小傷が結構目立ちます。1年近くも使っていれば当然かと思いますが、神経質な私は気になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、黒だから仕方ないとは思いつつも手垢がすごく目立ちます。シルバーにしておけば良かったかな?と少しだけ後悔していたり(笑)定期的に手入れはしているものの、コマとコマの間の汚れを掃除するのが大変です。無理にやると断線して使えなくなってしまっても嫌なので困っています。シルバーモデルを購入された方の意見を伺いたいですね。

 

専用アプリが使いにくい。

 

wena wristには専用のアプリが用意されていて、このアプリのメイン機能は日々のアクティビティを見たりすることです。例えば、今日はどれだけ歩いて何カロリー消費したか等の情報です。正直フィットネスバンド機能としては他社が出しているものの方が優れていると思います。購入してすぐの頃は、しょっちゅうアプリを開いて歩数やカロリーを気にして見ていましたが、同期が遅かったりするのがストレスになり、ここ最近は一切開かなくなってしまいました。このアプリは通知機能のカスタマイズ設定もできますが、通知の設定は大体初期に行ってしまいますので、結果的に使わなくなってますね。

 

アプリの通知が煩わしいときがある。

 

当初、LINEの新着メッセージが来るとwenaに通知が来るように設定していたのですが、今はLINEの通知はwenaに来ないように設定して利用しています。理由は、自身が色々なグループに入っていて、自分には関係のないメッセージが入った時でも通知がきてしまうからです。商談中であろうが、デスクワーク中であろうが、構わず左手首が振動するのです。たまったもんじゃない!ってことです(笑)LINEのトークルーム自体の通知設定をミュートにしろよ!と思われるかもしれませんが、そうすると今度は自宅に帰ってきてwenaを身につけて居ない時、メッセージに気付けないんですよね。wenaは単体モードといってiPhoneと連携しなくても使えるモードがあるのですが、これにしていると電話着信は通知してくれないんです。こっちを立ててればあっちが立たず状態。結果、今の設定に落ち着いているというわけです。

 

電子決済のときにやりにくい。

コレ。決済できるのはいいんですが、記事トップの画像のようにスマートに決済できるお店は正直言って少ないです。飲食店なんかでEdy使えます!と書いているお店は、大体レジ周りに色々ものが置かれて居て窮屈です。そこに手を差し伸べて・・というのは少し気がひけるので、そのときは手首から外して決済します(カードでいいじゃんって思われてそう笑)

あと、コンビニだと●ーソン!最近の●ーソンの電子決済リーダー何あれ?手前になんか出っ張りあって、対wena仕様になってるじゃないか!わかる方いると思います。非常にやりにくい・・・。これについては直接wenaが悪いわけではないので、愚痴として書かせていただきます。m(_ _)m

 

以上、wena wristを300日使ってみてわかったことでした。

The following two tabs change content below.
Dさん

Dさん

札幌市出身、東京都在住の28歳。 中学校時代に新聞配送を3年間。高校時代は底辺高校の中ではそこそこ優等生。 18歳の誕生日には現金12万5千円と着替え数着を持ってネットで知り合った友達をあてに上京。その2カ月後ホームレスとなるもゴキブリ並の生命力と数々の恩人の手助けにより1年程かけて人並みにまで復活ー現在に至る。 渡り歩いた職業は数知れず。 スーパーのレジ打ち、コンビニ弁当工場、倉庫内作業、居酒屋ホール、老舗飲食店、出会い系のサクラ、ホストクラブ、バー店員、ピザ配達、一般事務、通信建設業、営業職等 ガジェットにハマったきっかけはW-ZERO3。 座右の銘はワクワクすることを追求し続けること。

スポンサーリンク

-ガジェット関連
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ガジェット情報
スマホゲームの攻略情報等を載せていきます。