GPD Pocket カスタマイズ ガジェット関連

GPD PocketにMacTypeをインストールしてクラッシュ地獄に陥ったときの対処法

投稿日:

GPD PocketのWindows10フォントが気に入らなかったので「MacType」をインストールしてみたところ、クラッシュループに陥ってしまったのでその対処法を書く。

スポンサーリンク

症状

MacTypeをインストールして再起動した後、ログイン画面から先に行けなくなる。

対処法

1.セーフモードで起動する

ログイン画面の右下の電池マークをクリックすると再起動ができるので Shiftキーを押しながら再起動する。

2.トラブルシューティングを選択する

再起動が終わるとブルスクになるのでトラブルシューティングを選択する。

3.詳細オプションからスタートアップ設定を選択する

詳細オプションをクリックするとスタートアップ設定というメニューが出てくるのでそれを選択し、再起動を選択する。

4.再起動が終わるとスタートアップ設定というブルスク表示

キーボードの5を押下する。

5.セーフモードで起動

再起動が終わるとセーフモードで起動します。
C:\Program Files(x86)\MacTypeのフォルダー名を適当なものに変更する。

例: MacType → MacType_

画面が縦表示になり操作しにくくなるが頑張る。

6.再起動する

再起動してログイン画面からID/PASSを入力してログインする。
デスクトップが表示されれば無事成功

スポンサーリンク

MacTypeをアンインストールする場合

先ほど変更したフォルダ名を元に戻した後、プログラムの追加と削除からアンインストールする。

最後に

「Win10 フォント変更」とかでググるとMacTypeというフリーソフトを使ったフォント変更のやり方を記した記事がいくつかhitするが、
現状のWin10のバージョンには対応していないようなので注意しよう。

スポンサーリンク

-GPD Pocket, カスタマイズ, ガジェット関連
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ガジェット情報
スマホゲームの攻略情報等を載せていきます。